M1の多々納啓人君が広島市から礼状を頂きました

広島市新型コロナウイルス感染症ポータルサイトを構築をしたM1の多々納君が2020年7月27日に広島市健康福祉局保健医療担当局長より礼状を頂きました。
ネットワーク科学研究室では多々納君が中心となって、広島市と協力し、このポータルサイトを構築し、広島市で公開されている感染動向に関するデータを、グラフ等で視覚的に分かりやすく提供できるようにしました。

広島市新型コロナウイルス感染症ポータルサイト:https://stopcovid19-hiroshima-city.hiroshima-cu.ac.jp/

新型コロナウィルス感染拡大防止に対する要請

広島市が発表したとおり、本学学生が関係した行動が発端となって、新型コロナウィルスへの感染が連鎖する事態となっています。
すべての学生・教職員は、この事態を重く受け止め、次を基本として、感染拡大防止に全力で取り組むよう、強く要請します。
〇 まずは、感染させない・感染しない行動をとること。
〇 感染が疑われる場合は、安易な行動は絶対にせず、医療機関等の指示に従うこと。
〇 感染が疑われて医療機関等に相談したときは、大学へも一報を入れること。

健康管理および行動の注意

現在,新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています.授業開始がGW明けになりましたが,学生の皆さんに改めて以下のことを要望します。

 1.ウイルス感染防止対策の徹底をお願いします  
 本学はウイルス感染防止対策に組織の全力を上げて取り組んでいます。しかしながら、組織としてできる対策には限りがあります。そのことをご理解いただき、学生・教職員の皆さんにも個々人としてウイルス感染防止対策の徹底をお願いします。具体的にお願いしたいことは、大学ウェブページ「【注意喚起】新型コロナウイルス感染症について」をご参照下さい。特に、体調管理には十分に注意し、少しでも体調に異変を感じた際は、適切で迅速な対応をお願いします。

 2.社会の一員であるという自覚を持った行動をお願いします  
 1にも関係しますが、現在のような社会状況においては、社会の一員であるという自覚を持った行動が特に強く求められます。最近の新型コロナウイルス感染拡大に関して、若者の行動が批判的に報道されることが増えています。例えば、カラオケに大勢で行く、コロナウイルスに関する不確かな情報をネットに流す、外国人をネットで中傷する、などの行為です。新入生も含めて学生の皆さんは社会の一員であるということを自覚し、適切な行動を取ることを強く要望します。

学長の緊急メッセージは以下

https://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/c00019575/