業績リスト

  • 査読付き論文
  • 国際会議
  • 著者・解説記事
  • 国内研究会,学会大会
  • 特許
  • 外部資金
  • 受賞歴

  • 査読付き論文
    1. Takahiro Kubo, Chisa Takano and Masaki Aida, ``New model of flaming phenomena in on-line social networks caused by degenerated oscillation modes,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E102-B, no. 8, pp. XXX-XXX, August 2019. (in press)

    2. Satoshi Furutani, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Network resonance method: Estimating network structure from the resonance of oscillation dynamics,'' IEICE Transactions on Communications, vol.E102-B, no.4, pp. 799-809, April 2019.

    3. Yusuke Sakumoto, Tsukasa Kameyama, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Information propagation analysis of social network using the universality of random matrix,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E102-B, no. 2, pp. 391-399, February 2019.

    4. 平空也, 高野 知佐, 前田香織, ``拡散型フロー制御を用いる自律分散的なDDoS 攻撃緩和システム,'' 情報処理学会「超スマート社会を支えるコンピュータセキュリティ技術」特集論文, vol. 59, no. 9, pp. 1656-1665, 2018.

    5. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Revealing of the underlying mechanism of different node centralities based on oscillation dynamics on networks,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 8, pp. 1820-1832, 2018.

    6. 寺岡 良章, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANのアクセスポイントにおけるスループット保証を目指したTCP受信ウィンドウ制御方式,'' 電子情報通信学会論文誌 (B), vol. J101-B, no. 2, pp.70-79, Feb. 2018.

    7. Masaki Aida, Chisa Takano and Masayuki Murata, ``Oscillation model for describing network dynamics caused by asymmetric node interaction,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 1, pp. 123-136, January 2018.

    8. Ryoma Ando, Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``A Priority Control Method for Media Access Control Method SP-MAC to Improve Throughput of Bidirectional Flows,'' IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E100-D, no.5, pp.984--993, May 2017.

    9. Ryosuke Morita, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Autonomous clustering scheme for removing the effects of heterogeneous node degrees in ad hoc networks,'' International Journal of Image Processing & Communication, vol. 21, no. 2, pp. 43--54, December 2016.

    10. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata and Kenji Ishida, ``Improvement of Throughput Prediction Scheme Considering Terminal Distribution in Multi-rate WLAN Considering both CSMA/CA and Frame Collision,'' IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E99-D, no.12, pp.2923--2933, December 2016.

    11. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, Masaki Aida, and Kenji Ishida, ``Proposal for Designing Method of Radio Transmission Range to Improve both Power Saving and Communication Reachability based on Target Problem," IEICE Transactions on Communications, vol. E99-B, no. 11, pp. 2271--2279, November 2016.

    12. 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``H-SP-MAC: 隠れ端末問題の解決を目指したメディアアクセス制御SP-MACの改良,'' 電子情報通信学会論文誌 (B) (小特集号 ネットワークの設計・制御・分析・管理技術), vol.J99-B, no.10, pp.893-907, October 2016.

    13. 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``結合振動子の同期現象に基づいたメディアアクセス制御SP-MACの適用領域に関する考察,'' 電子情報通信学会論文誌 (B), vol.J99-B, no.2, pp.31--44, February 2016.

    14. Yusuke Sakumoto, Chisa Takano, Masaki Aida and Masayuki Murata, ``Proof test of chaos-based hierarchical network control using packet-level network simulation,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E99-B, no. 2, pp. 402--411, February 2016.

    15. Hiroyasu Obata, Ryo Hamamoto, Chisa Takano, and Kenji Ishida, "SP-MAC: A Media Access Control Method Based on the Synchronization Phenomena of Coupled Oscillators over WLAN," IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E98-D, no.12, pp.2060--2070, Dec. 2015.

    16. Ryo Hamamoto, Tutomu Murase, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, and Kenji Ishida, ``A proposal of access point selection method based on cooperative movement of both access points and users,'' IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E98-D, no.12, pp.2048--2059, Dec. 2015.

    17. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida, and Masaki Aida, ``Guaranteeing method for the stability of cluster structure formed by autonomous decentralized clustering mechanism,'' Journal of Communications, vol.10, no.8, pp.562-571, Aug. 2015.

    18. 濱本 亮, 高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``端末の分布を考慮したマルチレート無線LAN環境のアクセスポイントにおけるスループット予測法の高速化,'' 電子情報通信学会論文誌 A, vol.J98-A, no.2, pp. 209-220, Feb. 2015.

    19. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida, Masaki Aida, ``Power consumption characteristics of autonomous decentralized clustering based on local interaction,'' IEICE Transactions on Information and Systems (Special Section on Parallel and Distributed Computing and Networking), vol. E97-D, no. 12, pp. 2984-2994, Dec. 2014.

    20. Sota Hatakeyama, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Hierarchical performance evaluation method for describing the interactions between networks and users,'' Journal of Communications, vol. 9, no.10, pp. 737-744, October 2014.

    21. Kenji Takagi, Chisa Takano, Masaki Aida and Makoto Naruse, ``New autonomous decentralized structure formation based on Huygens' principle and renormalization for mobile ad hoc networks,'' International Journal on Advances in Intelligent Systems, vol. 7, no. 1&2, pp. 64-73, July 2014.

    22. 住 達郎, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``拡散方程式に基づく自律分散的輻輳制御技術の実証実験,'' 電子情報通信学会論文誌 D, vol. J95-D, no.12, pp. 2048-2058, Dec. 2012.

    23. Hiroyasu Obata, Kenji Ishida, Chisa Takano, Junichi Funasaka, Masaaki Bessho, ``Evaluation of TCP Performance by using High-Speed Communication Satellite WINDS and Large Earth Terminal,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E95-B, no. 10, pp. 3370-3373, October 2012.

    24. Chisa Takano, Masaki Aida, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``Proposal for autonomous decentralized structure formation based on local interaction and back-diffusion potential,” IEICE Transactions on Communications (Special Section on Frontiers of Information Network Science), vol. E95-B, no. 5, pp. 1529-1538, 2012.

    25. 会田 雅樹, 高野 知佐, 小頭 秀行, 中村 元, ``異なる通信サービスのデータを相補的に利用した社会ネットワークの構造分析,” 電子情報通信学会論文誌 B, vol. J93-B, no. 10, pp. 56-68, 2010.

    26. 高野 知佐, 山内 正志, 会田 雅樹, ``拡散現象を指導原理とする自律分散フロー制御の実装に向けたアクティブフロー数計測技術の検討,” 電子情報通信学会論文誌 B, vol. J91-B, no. 10, pp. 1254-1266, 2008.

    27. Chisa Takano, Keita Sugiyama and Masaki Aida, ``Parameter design for diffusion-type autonomous decentralized flow control,” IEICE Transactions on Communications, vol. E91-B, no. 9, pp. 2828-2837, September 2008.

    28. Masaki Aida, Chisa Takano, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``A study of control plane stability with retrial traffic: Comparison of hard- and soft-state protocols,” IEICE Transactions on Communications, vol. E91-B, no. 2, pp. 437-445, February 2008.

    29. Masaki Aida, Chisa Takano and Shunichi Osawa, ``Minimum underflow routing for stream-type communication services,” Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 50, no. 4, pp. 428-443, December 2007.

    30. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Diffusion-type autonomous decentralized flow control for multiple flows,” IEICE Transactions on Communications, vol. E90-B, no. 1, pp. 21-30, January 2007. (596KB)

    31. Chisa Takano, Kaori Muranaka, Keita Sugiyama and Masaki Aida, ``Mutual complementarity of diffusion-type flow control and TCP,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E89-B, no. 10, pp. 2850-2859, October 2006. (964KB)

    32. Chisa Takano, Keita Sugiyama and Masaki Aida, ``Parameter design for diffusion-type autonomous decentralized flow control,'' Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag Heidelberg, vol. 4238, pp. 461-470, September 2006.

    33. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Diffusion-type autonomous decentralized flow control for end-to-end flow in high-speed networks,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E88-B, no. 4, pp. 1559-1567, April 2005. (988KB)

    34. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroyoshi Miwa and Chisa Takano, ``Structures of human relations and user-dynamics revealed by traffic data,'' Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag Heidelberg, vol. 3090, pp. 492-502, Ausust 2004.

    35. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroyoshi Miwa, Chisa Takano and Shin-ichi Kuribayashi, ``Structure of human relations and user-dynamics revealed by traffic data,'' IEICE Transactions on Information and Systems (Special Section on Human Communication I), vol. E87-D, no. 6, pp. 1454-1460, June 2004. (344KB)

    36. Chisa Takano, Masaki Aida and Shin-ichi Kuribayashi, ``Autonomous decentralized flow control in high-speed networks with inhomogeneous configurations,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E87-B, no. 6, pp. 1551-1560, June 2004. (576KB)

    37. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Stability and adaptability of autonomous decentralized flow control schemes in high-speed networks,'' IEICE Transactions on Communications (IEICE/IEEE Joint Special Issue on Assurance Systems and Networks), vol. E86-B, no. 10, pp. 2882-2890, October 2003. (580KB)

    本ページトップへ

    国際会議
    1. Rio Kawasaki, Chisa Takano and Masaki Aida, ``User-density dependent autonomous clustering for MANET based on the Laplace equation,'' The11th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2019), Oita University, Oita, Japan, September 5-7, 2019.

    2. Koichi Nagatani, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Experimental study on detecting the omen of flaming phenomena in online social networks: Theory testing of the oscillation model for online user dynamics,'' IEEE INFOCOM 2019 Workshop on the Communications and Networking Aspects of Online Social Networks (CAOS'19), Paris, France, April 29, 2019.

    3. Koichi Nagatani, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Experimental verification for detecting omen of flaming phenomena in online social networks,'' The 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences 2019 (JKCCS 2019), PyongChang Alpensia, Korea, January 6-9, 2019.

    4. Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Modeling of Transmission Rate Based on Experimental Evaluation on Multi-Rate Wireless LAN for Safe and Secure Life,'' Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2019), pp.-, May 2019.

    5. Kenta Inoue, Chisa Takano and Masaki Aida, ``User-density dependent autonomous clustering in MANET,'' The 21st International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications 2018 (WPMC'18), Chiang Rai, Thailand, November 25-28, 2018.

    6. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Discussion of Frequency-Dependent Decay Rate for Damped Oscillation Model in Social Networks,'' The 5th International Workshop on Smart Wireless Communications (SmartCom 2018), Bangkok, Thailand, Oct. 30-31, 2018.
      (Invited)

    7. Takahiro Kubo, Chisa Takano and Masaki Aida, ``A new model of flaming phenomena in on-line social networks caused by degenerated oscillation modes,'' The 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA 2018), Tarragona, Spain, September 2-6, 2018.

    8. Naoki Hirakura, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Efficient orthogonalizing the eigenvectors of the Laplacian matrix to estimate social network structure,'' The 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA 2018), Tarragona, Spain, September 2-6, 2018.
      (Student Paper Award)

    9. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Damped oscillation model with frequency-dependent decay rate in social networks,'' Proc. 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2018), pp.-, September 2018.

    10. Yosuke Izumikawa, Yoshiki Miura, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, Tutomu Murase, and Kenji Ishida, ``A Media Access Control Using Capture Effect for Bi-Directional Flows over Densely plased WLANs,'' Proc. 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2018), pp.456-459, September 2018.

    11. Masaki Aida, Chisa Takano and Masayuki Murata, ``Generation mechanism of flaming phenomena in on-line social networks described by perturbation of asymmetric link effects,'' IEEE/IFIP International Workshop on Analytics for Network and Service Management (AnNet 2018), Taipei, Taiwan, April 23, 2018.

    12. Ryo Tsurumi, Mayu Morita, Hiroyasu Obata, Chisa Takano and Kenji Ishida, ``Throughput Control Method between Different TCP variants based on SP-MAC over WLAN,'' Proc. IEEE International Conference on Consumer Electronics-Taiwan (ICCE-TW), Taiwan, May 2018.

    13. Mayu Morita, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, Kenji Ishida, ``TCP Characteristics Evaluation of Adaptive Throughput Control Method based on SP-MAC,'' The 6th Korea-Japan Joint Workshop on Complex Communication Sciences (KJCCS) Poster Session, January 8-10, 2018, Jozankei, Japan.

    14. Yosuke Izumikawa, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, Tutomu Murase, Kenji Ishida, ``Experimental Evaluation of TCP considering Capture Effect on WLAN,'' The 6th Korea-Japan Joint Workshop on Complex Communication Sciences (KJCCS) Oral Session, January 8-10, 2018, Jozankei, Japan.

    15. Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Yuuki Yamamoto, ``An Adaptive Throughput Guarantee Method based on SP-MAC for WLAN,'' Proc. 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2017), pp. 159-161, December 2017.

    16. Masaki Aida, Chisa Takano and Masayuki Murata, ``Dynamical model of flaming phenomena in on-line social networks,'' IEEE/ACM International Conference on Social Networks Analysis and Mining (ASONAM 2017), pp. 1164-1171, Sydney, Australia, July 31-August 3, 2017.

    17. Satoshi Furutani, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Method for estimating eigenvectors of the scaled Laplacian matrix using the resonance of oscillation dynamics on networks,'' IEEE/ACM International Conference on Social Networks Analysis and Mining (ASONAM 2017), pp. 615-618, Sydney, Australia, July 31-August 3, 2017.

    18. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Fundamental framework for describing various node centralities using an oscillation model on social media networks,'' IEEE ICC 2017, Paris, France, May 21-25, 2017.

    19. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Proposal of new index for describing node centralities based on oscillation dynamics on networks,'' IEEE GLOBECOM 2016, Washington DC, USA, December 4-8, 2016.

    20. Satoshi Furutani, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Proposal of the network resonance method for estimating eigenvalues of the scaled Laplacian matrix,'' The 8th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2016) Workshop (WIND 2016), Ostrava, Czech Republic, September 7-9, 2016.

    21. Masaki Aida, Chisa Takano and Masayuki Murata, ``Oscillation model for network dynamics caused by asymmetric node interaction based on the symmetric scaled Laplacian matrix,'' The 12th International Conference on Foundations of Computer Science (FCS 2016), pp. 38-44, Las Vegas, NV, USA, July 25-28, 2016.

    22. Ryosuke Sawada, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Experimental study on relationship between indices of network structure and spectral distribution of graphs,'' IEICE Information and Communication Technology Forum 2016 (ICTF 2016), Patras, Greece, July 6-8, 2016.

    23. Ryosuke Morita, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Autonomous clustering scheme for removing an effects of heterogeneous node degrees in ad hoc networks,'' IEICE Information and Communication Technology Forum 2016 (ICTF 2016), Patras, Greece, July 6-8, 2016.

    24. Ryoma Ando, Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Characterization of priority control based on media access control method SP-MAC over WLAN,'' Proc. 19th Innovations in Cloud, Internet and Networks (ICIN 2016), pp.149-156, Paris, France, Mar. 2016.

    25. Yuuki Yamamoto, Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Control method to guarantee throughput based on media access control method SP-MAC over WLAN,'' Proc. the 13th Annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2016), pp.657-662, Las Vegas, USA, Jan. 2016.

    26. Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, "A Study on Detection Method of Selfish Terminal using Manipulated MAC Parameters over WLAN," Proc. 8th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2015), pp.253-258, December 2015.

    27. Ryoma Ando, Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``An adaptive control parameter setting method for priority control based on media access control SP-MAC over WLAN,'' Proc. the 8th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2015), pp.220-226, Sapporo, Japan, Dec. 2015.

    28. Yuuki Yamamoto, Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Performance evaluation of control method to guarantee throughput based on media access control SP-MAC over WLAN,'' Proc. the 8th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2015), pp.265-270, Sapporo, Japan, Dec. 2015.

    29. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, and Kenji Ishida, ``Improvement of throughput prediction method for access point in multi-rate WLANs considering media access control and frame collision,'' Proc. the 8th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2015), pp.227-233, Sapporo, Japan, Dec. 2015.

    30. Ryo Hamamoto, Hiroyasu Obata, Yuuki Yamamoto, Ryoma Ando, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Performance evaluation of media access control method based on synchronization phenomena of coupled oscillators over multi-rate WLAN,'' Proc. 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA 2015), pp.415-418, Hong Kong, China, Dec. 2015.

    31. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, Masaki Aida and Kenji Ishida, ``Setting radio transmission range using target problem to improve communication reachability and power saving,'' The 7th EAI International Conference on Ad Hoc Networks (ADHOCNETS 2015), San Remo, Italy, September 1-2, 2015.

    32. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, Kenji Ishida, and Tutomu Murase, ``An access point selection mechanism based on cooperation of access points and users movement,'' Proc. the 14th IFIP/IEEE Symposium on Integrated Network and Service Management (IM2015), pp.926-929, Ottawa, Canada, May 2015.

    33. Liu Yongchao, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Parameter design for efficient link utilization in chaos-based transmission rate control,'' The Second International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'14) Workshop (ASON 2014), Shizuoka, Japan, December 10-12, 2014.

    34. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Hiroyasu Obata, Kenji Ishida, and Tutomu Murase, ``Characteristics analysis of an AP selection method based on coordination moving both users and APs,'' Proc. the 7th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2014), pp.243-248, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.

    35. Hiroyasu Obata, Ryo Hamamoto, Chisa Takano, and Kenji Ishida, ``Throughput characteristics evaluation of media access control method based on synchronization phenomena of coupled oscillators over WLAN coexisting of CSMA/CA terminals,'' Proc. the 7th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2014), pp.254-259, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.

    36. Kohei Izui, Hiroyasu Obata, Chisa Takano and Kenji Ishida, ``UDP Throughput Evaluation Considering the Communication Distance Between AP and Wireless Terminals over Multi-rate WLAN Environment,'' Proc. The 7th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON 2014), Shizuoka, Japan, Dec. 2014.

    37. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida and Masaki Aida, ``Characteristics of Autonomously Configured Structure Formation Based on Power Consumption and Data Transfer Efficiency,'' IEEE CANDAR 2013 Workshops (ASON 2013), Matsuyama, Japan, December 4-6, 2013.

    38. Kenji Takagi, Masaki Aida, Chisa Takano and Makoto Naruse, ``A proposal of new autonomous decentralized structure formation based on Huygens' principle and renormalization,'' The Third International Conference on Advanced Collaborative Networks, Systems and Applications (COLLA 2013), Nice, France, July 21-26, 2013.

    39. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida and Masaki Aida, ``Guaranteeing asymptotic stability of clustering for MANET by autonomous decentralized structure formation mechanism based on local interaction,'' IEEE ICDCS 2013 Workshops (ADSN 2013), pp. 345-350, Philadelphia, PA, USA, July 8-11, 2013.

    40. Masaki Aida, Teruyuki Hasegawa, Chisa Takano and Jean Walrand, ``A theoretical framework for governing nodes' behavior in a large-scale network through local interactions,'' 3rd Japan-US Future Network Research Collaboration Workshop (第3回日米将来ネットワークワークショップ), TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター, Tokyo, Japan, November 12-14, 2012.

    41. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida and Masaki Aida, ``Power consumption characteristics by autonomous decentralized structure formation technology,'' The 9th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2012), Santiago and Valparaiso, R.O.Chile, November 5-9, 2012.

    42. Yuri Takahashi, Chisa Takano, Yusuke Sakumoto and Masaki Aida, ``Transmission rate control utilizing chaotic nature of coupled oscillators,'' The 4th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2012), Bucharest, Romania, September 19-21, 2012.

    43. Masaki Aida, Chisa Takano, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``Quasi-static approach for analyzing interactions between networks and users based on decomposition of timescales,'' The Third International Symposium on Multidisciplinary Emerging Networks and Systems (MENS 2012), Fukuoka, Japan, September 4-7, 2012.

    44. Ryo Hamamoto, Chisa Takano, Kenji Ishida, Masaki Aida, ``Guaranteeing asymptotic stability of clustering by autonomous decentralized structure formation,'' The 9th IEEE International Conference on Autonomic and Trusted Computing (ATC 2012), Fukuoka, Japan, September 4-7, 2012.

    45. Kenji Takagi, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano and Masaki Aida, ``On convergence rate of autonomous decentralized structure formation technology for clustering in ad hoc networks,'' IEEE ICDCS 2012 Workshops (ADSN 2012), Macau, P.R.China, June 18-21, 2012.

    46. Hiroyasu Obata, Masaaki Bessho, Kenji Ishida, Chisa Takano, and Junichi Funasaka, ``Experimental Evaluation of TCP Proxy Mechanism TCP-gSTAR for High Speed Satellite Links over WINDS,'' The 29th AIAA International Communications Satellite Systems conference (ICSSC2011), No. AIAA-252488-258, December 2011.

    47. Chisa Takano, Masaki Aida, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``Autonomous decentralized mechanism of structure formation adapting to network conditions,'' The 11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011) Workshops (The Second Workshop on Heuristic Methods for the Design, Deployment, and Reliability of Networks and Network Applications (HEUNET 2011)), pp.524-531, Munich, Germany, July 18, 2011.

    48. Tatsuro Sumi, Chisa Takano, Kenji Ishida, and Masaki Aida, ``Implementation of autonomous decentralized flow control based on local interaction,'' 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2011), pp.187-193, Tokyo, Japan, March 23-25, 2011.

    49. Chisa Takano, Masaki Aida, Masayuki Murata, and Makoto Imase, ``New framework of back diffusion-based autonomous decentralized control and its application to clustering scheme,'' IEEE Globecom 2010 Workshop on Network of the Future (The 3rd International Workshop on the Network of the Future (FutureNet III)), Miami, FL, USA, December 10, 2010.

    50. Masaki Aida, Yudai Honma, Chisa Takano, Hideyuki Koto, and Hajime Nakamura, ``Unified model of communication frequency between users in social networks'' IEEE ICC 2010 Workshop (on Social Networks), Cape Town, South Africa, May 23-27, 2010.

    51. Chisa Takano, Kenji Ishida, and Masaki Aida, ``A study of improving fairness among flows in ad hoc networks,'' International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS2009) Workshop (Second International Workshop on Information Network Design (WIND'09)), Barcelona, Spain, November 4-6, 2009.

    52. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Autonomous decentralized flow control allowing control timing independent of link length,'' IEEE ISADS 2009 Workshops (AHSP 2009), Athens, Greece, March 23-25, 2009.

    53. Masato Uwajima, Toru Sasaki, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Proposal for a communication link model based on resonance frequency of network users,'' The Second IEEE International Conference on Secure System Integration and Reliability Improvement (SSIRI 2008), Yokohama, Japan, July 14-17, 2008.

    54. Masaki Aida, Chisa Takano, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``A proposal of quasi-static approach for analyzing the stability of IP telephony systems,'' The Seventh International Conference on Networking (ICN 2008), Cancun, Mexico, April 13-18, 2008.

    55. Masaki Aida, Chisa Takano, Masayuki Murata and Makoto Imase, ``Control plane stability with retrial traffic and comparison of hard- and soft-state protocols,'' IEEE GLOBECOM 2007, Washington, DC, November 26-30, 2007.

    56. Masaki Aida, Chisa Takano and Jun Sasaki, ``Analysis of a social network structure revealed by logs of communication services,'' VIPSI-2007 Tokyo, Tokyo, Japan, May 31-June 3, 2007.

    57. Chisa Takano, Keita Sugiyama and Masaki Aida, ``Parameter design for diffusion-type autonomous decentralized flow control,'' The 9th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2006), pp. 461-470, Busan, Korea, September 27-29, 2006.

    58. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Chisa Takano, Hiroyoshi Miwa, Kaori Muranaka and Akira Miura, ``Cluster structures in topology of large-scale social networks revealed by traffic data,'' IEEE GLOBECOM 2005, St. Louis, MO, November 28-December 2, 2005.

    59. Kaori Muranaka, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Study on compatibility of diffusion-type flow control and TCP,'' The 8th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2005), Okinawa, Japan, September 27-30, 2005.

    60. Masaki Aida, Chisa Takano and Akira Miura, ``Diffusion-type flow control scheme for multiple flows,'' Proceedings of The 19th International Teletraffic Congress (ITC19), pp. 133-142, Beijing, China, August 29-September 2, 2005.

    61. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Chisa Takano and Hiroyoshi Miwa, ``Using data on communications traffic in a new approach to analyzing large-scale social networks and user-dynamics,'' Proceedings of 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS 2004), pp. II-485 - II-488, Hiroshima, Japan, July 25-28, 2004.

    62. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Diffusion-type autonomous decentralized flow control for open networks,'' Proceedings of IEEE ICDCS 2004 Workshops (ADSN 2004), pp. 642-647, Tokyo, Japan, March 23, 2004.

    63. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroyoshi Miwa and Chisa Takano, ``Structure of human relations and user-dynamics revealed by traffic data,'' Proceedings of The International Conference on Information Networking 2004 (ICOIN 2004), pp. 1164-1173, Busan, Korea, February 18-20, 2004.

    64. Chisa Takano, Masaki Aida and Shin-ichi Kuribayashi, ``On the stability of autonomous decentralized flow control in high-speed networks with asymmetric configurations,'' Proceedings of IEEE ICDCS 2003 Workshops (ADSN 2003), pp. 56-62, Providence, Rhode Island, USA, May 19, 2003.

    65. Masaki Aida and Chisa Takano, ``Principle of autonomous decentralized flow control and layered structure of network control with respect to time scales,'' Supplement of the The Sixth International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2003), pp. 3-4, Pisa, Italy, April 9-11, 2003. (37KB)

    66. Chisa Takano and Masaki Aida, ``Stability and adaptability of autonomous decentralized flow control in high-speed networks,'' Proceedings of The Sixth International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2003), pp. 311-318, Pisa, Italy, April 9-11, 2003.

    67. Masaki Aida and Chisa Takano, ``Stability of autonomous decentralized flow control schemes in high-speed networks,'' Proceedings of IEEE ICDCS 2002 Workshops (ADSN 2002), pp. 63-68, Vienna, Austria, July 2, 2002.

    68. Masaki Aida, Shin'ichiro Shinomiya, Chisa Takano, Hirotoshi Hidaka, Noriteru Shinagawa and Takehiko Kobayashi, ``Diffusion model for mobile multimedia traffic based on population process,'' Proceedings of IEEE Multiaccess, Mobility and Teletraffic for Wireless Communications 2000 (IEEE MMT 2000), Duck Key, Florida, USA, December 3-6, 2000.

    本ページトップへ

    著者・解説記事
    1. 村田 正幸, 成瀬 誠 編著, 「情報ネットワーク科学入門」, 情報ネットワーク科学シリーズ 第1巻 (コロナ社), 2015. (共著)

    2. 会田 雅樹, 高野 知佐, 作元 雄輔,  ``動作時間スケールの階層構造を基盤とするネットワークアーキテクチャ,” 電子情報通信学会誌, 特集 情報爆発時代に向けた新たな通信技術ー限界打破への挑戦ー, vol. 94, no. 5, pp. 401-406, May 2011.

    3. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``物理の近接作用に学ぶ:拡散現象を指導原理とした自律分散型フロー制御技術,” 電子情報通信学会誌 (小特集 情報通信ネットワークの設計・制御理論の新潮流:異分野からのアプローチ), vol. 91, no. 10, pp. 875-880, October 2008. (568KB)

    4. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行を含む通信システムのための準静的な安定性評価法,” 日本オペレーションズリサーチ学会誌 (特集 インターネット性能評価の新潮流), vol. 53, no. 6, pp. 334-339, June 2008.

    本ページトップへ

    国内研究会,学会大会
    1. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``振動モデルを利用したオンライン社会ネットワークにおけるユーザダイナミクスの理解,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2019-22, vol. 119, no. 61, pp. 55-55, 2019年5月30日 (広島市立大学 サテライトキャンパス).
      (招待講演)

    2. 東 優介,高野 知佐,前田 香織, ``隣接ノードの次数分布を利用したTwitterユーザのフォロー志向分析,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2019-16, vol. 119, no. 61, pp. 27-32, 2019年5月30日 (広島市立大学 サテライトキャンパス).

    3. 川崎 莉央, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ラプラス方程式に基づくユーザ密度を反映したMANETの自律分散クラスタリング,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2018-101, vol. 118, no. 466 , pp. 103-108, 2019年3月4日 (沖縄コンベンションセンター).

    4. 三浦 圭輝, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``スループットの公平性向上を目指したキャプチャ効果を用いた無線LANメディアアクセス制御の改良,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 信学技報, IN2018-109, March 2019.

    5. 河合 海人, 三浦 圭輝, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``隣接チャネル干渉下におけるキャプチャ効果を考慮した 無線LANメディアアクセス制御のスループット特性評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 信学技報, IN2018-110, March 2019.

    6. 市場 充, 三浦 圭輝, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``WLANシステム間のスループット公平性を考慮した キャプチャ効果を用いたMAC切り替え制御方式,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 信学技報, NS2018-205, March 2019.

    7. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``社会ネットワークにおけるユーザダイナミクスの減衰特性,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2018-65, vol. 118, no. 359, pp. 37-42, 2018年12月14日 (広島大学・東千田未来創生センター).

    8. 三浦圭輝, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``DCF端末混在環境におけるキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御のスループット特性評価,'' 第20回IEEE広島支部学生シンポジウム (20th HISS), 2018年11月17日. (ポスター発表, 査読あり)

    9. 長谷 航一, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネット炎上発生の予兆検出のための理論的枠組,'' 2018年電子情報通信学会 ソサイエティ大会, BS-6-6, 金沢大学・角間キャンパス, 2018年9月13日.

    10. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``固有振動数に依存した減衰係数をもつ社会ネットワーク上の減衰振動モデル,'' 電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会, 信学技報 CCS2018-28, pp. 13-16, 2018年8月, きたゆざわ 森のソラニワ.

    11. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, ``無線分散ネットワークにおける進行波のうなりを利用した新しい自律制御のコンセプト,'' 信学技報, vol. 118, no. 127, ASN2018-19, pp. 19-24, 2018年7月, 函館アリーナ.

    12. 大柿かほる, 高野 知佐, 前田香織, "スペクトルグラフ理論による複数メトリックを考慮する経路制御コスト算出法の提案," 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会,信学技報, vol. 118, no. 6, NS2018-11, pp. 59-64, 2018年4月.

    13. 三浦 圭輝, 小畑 博靖, 高野 知佐, 泉川 洋介, 石田 賢治, "ヘテロジニアスな無線LANシステムにおけるキャプチャ効果を考慮したスループットの実験的評価," 信学技報, CQ2017-104, March 2018.

    14. 泉川 洋介, 小畑 博靖, 高野 知佐, 村瀬 勉, 石田 賢治,, "複数WLAN密集環境におけるキャプチャ効果を考慮したメディアアクセス制御のスループット特性評価," 信学技報, CQ2017-105, March 2018.

    15. 鶴見 涼, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, "WLAN環境における異種TCPバージョン間のスループット差を考慮したSP-MACに基づくスループット制御方式," 信学技報, CQ2017-107, March 2018.

    16. 森田 万裕, 小畑 博靖, 高野 知佐佐, 石田 賢治, "SP-MACに基づく適応的スループット制御を用いたTCP輻輳制御のスループット特性評価," 信学技報, CQ2017-108, March 2018.

    17. 坂井 太一, 小畑 博靖, 高野 知佐, 泉川 洋介, 石田 賢治, "無線LANマルチレート環境における経路上の地表属性を考慮した伝送レート変化とスループットの実験的評価," 信学技報, CQ2017-114, March 2018.

    18. 平倉 直樹, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``社会ネットワーク構造推定のためのLaplacian行列に関する固有ベクトルの効率的な直交化法,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2017-111 vol. 117, no.486, pp. 45-50, 2018年3月8日 (沖縄産業支援センター).

    19. 久保 尊広, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``縮退した振動モードから生じるネット炎上モデルの初期位相に関する考察,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2017-157, vol. 117, no. 385, pp. 75-80, 2018年1月19日 (沖縄県・石垣市商工会館).
      (奨励講演) (ネットワークシステム研究会若手研究奨励賞受賞)

    20. 高野 知佐, ``ネットワーク上の振動モデルによるノード中心性の拡張 〜 ノード中心性の統一的な理解に向けて 〜,'' 電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究会, vol. 117, no. 388, pp. 49-50, 2018年1月18日(崇城大学).
      (招待講演)

    21. 森田 万裕, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``SP-MACに基づく適応的スループット制御方式を用いたTCPの特性評価,'' 第19回IEEE 広島支部 学生シンポジウム, December 2017.

    22. 鶴見 涼, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LAN環境におけるSP-MACに基づくジッタを考慮したQoS制御の一検討,'' 第19回IEEE 広島支部 学生シンポジウム, December 2017.

    23. 泉川 洋介, 小畑 博靖, 高野 知佐, 村瀬 勉, 石田 賢治, ``無線LAN環境におけるキャプチャ効果を考慮したTCP通信の実験的評価,'' 第19回IEEE 広島支部 学生シンポジウム, December 2017.

    24. 亀山 元, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ランダム行列の普遍性を利用した社会ネットワーク上の情報伝搬特性の分析,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 信学技報 IA2017-62, vol. 117, no. 354, pp. 55-60, 2017年12月15日 (広島市立大学).
      (インターネットアーキテクチャ研究会学生研究奨励賞受賞)

    25. 平 空也, 高野 知佐, 前田 香織, ``拡散型フロー制御を用いるDDoS攻撃緩和手法の評価,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 信学技報 IA2017-23, vol. 117, no. 294, pp. 1-6, 2017年11月10-11日 (グリーンピア南阿蘇).

    26. 久保 尊広, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``縮退した振動モードから生じる新しいネット炎上モデル,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2017-80, vol. 117, no. 204, pp. 55-60, 2017年9月7-8日 (東北大学).
      (第17回ネットワークシステム研究賞受賞)

    27. 亀山 元, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ランダム行列を用いた社会ネットワーク上の情報伝搬特性の分析,'' 電子情報通信学会 第12回 通信行動工学研究会, 2017年9月6日 (首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス).

    28. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``Scaled Laplacian 行列に基づいた固有ベクトル中心性の考察,'' 電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会, 信学技報 CCS2017-12, vol. 117, no. 173, pp. 13-18, 2017年8月10-11日 (北海道美唄市 ピパの湯 ゆ〜りん館).

    29. 平 空也,高野 知佐, 前田 香織, ``拡散型フロー制御を用いるDDoS攻撃緩和システムの提案,'' 電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会, 信学技報 CCS2017-19, vol. 117, no. 173, pp. 51-56, 2017年8月10-11日 (北海道美唄市 ピパの湯 ゆ〜りん館).

    30. 高野 知佐,濱本 亮, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``確率分布を用いたIEEE802.11無線LANのスループット推定手法の高速化に関する研究,'' 信学技報, SR2017-32, pp. 53-60, July, 2017 (北海道大学).
      (招待講演)

    31. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク上の振動ダイナミクスに基づくネット炎上の対策技術,'' 電子情報通信学会 2017年総合大会, BS-3-3, March 2017 (名城大学).

    32. 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, 濱本 亮, ``SP-MACに基づく適応的スループット制御のパラメータ特性評価,'' 電子情報通信学会 2017年総合大会, B-6-19, March 2017 (名城大学).

    33. 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, 濱本 亮, ``無線LANメディアアクセス制御SP-MACに基づく適応的スループット制御方式,'' 信学技報, NS2016-240, pp. 475-480, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    34. 森下 侑之介, 泉川 洋介, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN環境における伝送レート変化とスループットの実験的評価,'' 信学技報, IN2016-110, pp. 79-84, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    35. 寺岡 良章, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANのアクセスポイントにおけるTCP受信ウィンドウ制御に基づくスループット保証技術,'' 信学技報, IN2016-112, pp. 91-96, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    36. 亀山 元, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ランダム行列を用いた社会ネットワーク分析法の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2016-142, vol. 116, no. 485, pp. 269-274, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    37. 森田 良輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``非対称拡散を適用した自律分散クラスタリングにおけるルーティングの効率の評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2016-149, vol. 116, no. 485, pp. 275-280, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    38. 古谷 諭史, 高野 知佐佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク上の振動ダイナミクスの共鳴を利用したscaled Laplacian行列の固有ベクトル推定手法の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2016-164, vol. 116, no. 485, pp. 401-406, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    39. 澤田 涼介, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ノード間の隣接関係が正規化ラプラシアン行列の固有値に与える影響の分析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2016-165, vol. 116, no. 485, pp. 407-412, 2017年3月3日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    40. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク上の振動モデルによるノード中心性の統一的理解,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2016-74, vol. 116, no. 361, pp. 45-50, 2016年12月15日 (広島市立大学).

    41. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, ``ソーシャルメディアネットワークの炎上に関する動力学的モデル,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2016-77, vol. 116, no. 323, pp. 23-28, 2016年11月24日 (下関商工会議所).

    42. 坂口 和也, 小川 竜ノ介, 前田 香織, 高野 知佐, 近堂 徹, ``リソース監視情報の提供量を用いるクラウド構成管理フレームワークの実装,'' 信学技法, IA2016-56, Nov. 2016.

    43. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``ノード間の非対称相互作用によって生じるネットワークダイナミクスとその階層構造,'' 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 依頼シンポジウムセッション (情報ネットワーク科学に関する最新学術動向), BI-3-3, September 2016, 北海道大学.
      (通信ソサイエティ 依頼シンポジウムセッション)

    44. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``ネット炎上の動力学的モデル,'' 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-22, September 2016, 北海道大学.

    45. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``マルチホップ無線LAN環境におけるメディアアクセス制御SP-MACに基づく優先制御の評価," 電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会, B-6-, September 2016, 北海道大学.

    46. 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, 加藤 晃広, 濱本 亮, ``無線LANメディアアクセス制御SP-MACを用いた端末に対する複数優先クラスの検討," 電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会, B-6-, September 2016, 北海道大学.

    47. 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, 野村 尚一郎, 濱本 亮, ``無線LANマルチレート環境におけるメディアアクセス制御方式SP-MACを用いたスループット保証制御方式の拡張," 電子情報通信学会 第5回NetSci/CCS研究会合同ワークショップ, CCS2016-, August 2016.

    48. 小畑 博靖, 泉井 康平, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN環境における伝送レートの実験的評価およびモデル化検討," 信学技報(依頼講演), IN2016-10, May 2016.

    49. 小畑 博靖, 濱本 亮, 松本 崇宏, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LAN環境におけるMACパラメータ改造端末に対するスペクトル解析を用いた検出方式の検討," 信学技報, NS2016-4, April 2016.

    50. 古谷 愉史, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク上の共鳴を利用した Laplacian 行列の固有値推定法,'' 2016年電子情報通信学会総合大会, NBS-1-7, 九州大学.

    51. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク上の振動ダイナミクスに基づく新しいノード中心性指標,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2015-123, vol. 115, no. 496, pp. 89-94, 2016年3月7日 (名桜大学).

    52. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``ネットワーク上のアクティビティ伝播を記述する振動モデル,'' 2016年電子情報通信学会総合大会, B-7-38, 九州大学.

    53. 古谷 諭史, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``Laplacian 行列の固有値を推定するためのネットワーク共鳴法の提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2015-149, vol. 115, no. 484, pp. 241-246, 2016年3月4日 (宮崎シーガイア).

    54. 泉井康平, 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANマルチレート環境における伝送レートのモデル化の検討,'' 2016年信学総大, B-7-45, Mar. 2016.

    55. 濱本 亮, 小畑 博靖, 安藤 竜馬, 山本 酉貴, 高野 知佐, 石田 賢治, ``結合振動子の同期現象に基づいたメディアアクセス制御を用いる端末の電力消費量特性,'' 2016年信学総大, B-7-46, Mar. 2016.

    56. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANメディアアクセス制御方式SP-MACのキャプチャ効果を考慮したスループット特性,'' 2016年信学総大, B-7-47, Mar. 2016.

    57. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``マルチホップ無線LANにおけるメディアアクセス制御SP-MACの性能評価,'' 信学技報,IN2015-106, vol.115, no.405, pp.63-68, Jan. 2016.

    58. 妹尾俊樹, 森田良輔, 作元雄輔, 高野 知佐, 会田雅樹, ``MANETにおけるノード次数を考慮した自律分散クラスタリング方式のクラスタ間干渉低減効果,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2015-73, vol. 115, no. 370, pp. 13-18, 2015年12月17日 (広島市立大学).

    59. 濱本 亮, 安藤 竜馬, 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``隠れ端末問題を考慮した結合振動子の同期現象に基づくメディアアクセス制御方式SP-MACの改良,'' 信学技報,IN2015-77, vol.115, no.370, pp.37-42, Dec. 2015.

    60. 森田 良輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``アドホックネットワークにおけるノード次数を考慮した自律分散クラスタリング,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2015-93, vol. 115, no. 251, pp. 37-42, 2015年10月15日 (秋田大学).

    61. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``ノード間の非対称相互作用によって生ずるネットワークダイナミクスに関する対称行列を用いたモデル化について,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2015-90, vol. 115, no. 251, pp. 19-24, 2015年10月15日 (秋田大学).

    62. 澤田 涼介, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク構造の諸指標とグラフスペクトルの関係,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2015-89, vol. 115, no. 251, pp. 13-18, 2015年10月15日 (秋田大学).

    63. 森田 良輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``正規化ラプラシアン行列によるノード間の非対称拡散を適用した自律分散クラスタ構成技術の提案,'' 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-16, Sep. 2015 (東北大学).

    64. 山本 酉貴, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANのメディアアクセス制御方式SP-MACに基づくスループット保証制御技術の特性評価,'' 電子情報通信学会, 第4回 NetSci/CCS 研究会合同ワークショップ, CCS2015-35, 2015年8月6日 (登別).

    65. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANメディアアクセス制御方式SP-MACを用いた優先制御における制御パラメータの動的設定法,'' 電子情報通信学会, 第4回 NetSci/CCS 研究会合同ワークショップ, CCS2015-36, 2015年8月6日 (登別).

    66. 濱本 亮, 高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN環境におけるアクセスポイントに対する高速スループット予測法のシミュレーション評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2015-35, vol.115, no.140, pp.73-78, 2015年7月16日 (北海道大学).

    67. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``結合振動子の同期現象に基づく無線LANメディアアクセス制御SP-MACのリアルタイム通信への適用性に関する考察,'' 信学技報, IN2015-7, vol.115, no.42, pp.33--38, May 2015 (機械振興会館).
      (依頼講演)

    68. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``ラプラシアン行列を用いたネットワークダイナミクスの分析とノード間の非対称相互作用モデル,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2015-8, vol. 115, no. 1, pp. 41-46, 2015年4月16日 (岐阜県・飛騨地域地場産業振興センター).
      (招待講演)

    69. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANメディアアクセス制御方式SP-MACの通信端末数に対するスループット性能評価,'' 2015年電子情報通信学会総合大会, BS-8-10, Mar. 2015 (立命館大学).

    70. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``対称な正規化ラプラシアン行列を用いたノード間非対称相互作用モデル,'' 2015年電子情報通信学会総合大会, B-7-83, Mar. 2015 (立命館大学).

    71. 妹尾 俊樹, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``経路探索におけるクラスタ間干渉の低減という観点からのMANETのクラスタリング手法の比較,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2014-139, vol. 114, no. 478 pp. 109-114, 2015年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    72. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LAN環境におけるアクセスポイントを考慮したメディアアクセス制御方式SP-MAC,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報, NS2014-249, vol.114, no.477, pp.421-426, 2015年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    73. 山本 酉貴, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LANのメディアアクセス制御方式SP-MACを用いたスループット保証制御,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報, NS2014-248, vol.114, no.477, pp.415-420, 2015年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    74. 濱本 亮, 山本 酉貴, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN環境における結合振動子の同期現象に基づいたメディアアクセス制御方式の性能評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報, IN2014-153, vol.114, no.478, pp.191-196, 2015年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    75. 安藤 竜馬, 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``双方向フローが存在する無線LAN環境下における結合振動子の同期現象に基づくMAC制御方式の特性評価,'' 第16回IEEE広島支部学生シンポジウム (16th HISS), B-29, Nov. 2014. (ポスター発表, 査読あり)

    76. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``結合振動子の同期現象に基づく無線LANメディアアクセス制御の適用領域,'' 信学技報,NS2014-105, vol.114, no.252, pp.19-24, Oct. 2014.

    77. 劉 永超, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``カオスを利用した送信レート制御におけるリンク帯域を考慮した パラメータ設計法の検討,'' 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-3, 徳島大学.

    78. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``DCF 端末が混在する無線 LAN 環境下における結合振動子の同期現象に基づくメディアアクセス制御の特性評価,'' 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-40, Sep. 2014.

    79. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``標的問題に基づいた通信到達性の向上と端末の省電力化を目指した無線通信半径設定法,'' 信学技報,NS2014-82, vol.114, no.206, pp.13-18, Sep. 2014.

    80. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線LAN環境における結合振動子の同期現象に基づくメディアアクセス制御方式の特性評価,'' 第3回 NetSci/CCS 研究会合同ワークショップ, Aug. 2014.

    81. 濱本 亮, 高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN環境におけるアクセスポイントの高速スループット予測法に対する適応的な予測式選択法,'' 信学技報,IN2014-18,vol. 114, no. 110, IN2014-18, pp. 13-18, 2014年6月 (香川大学 ).

    82. 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, 山田 幸太郎, ``無線LAN環境における結合振動子の同期現象に基づいたメディアアクセス制御方式,'' 信学技報, IN2013-157, vol.113, no.473, pp.83-88, 2014年3月6日 (宮崎シーガイア).
      (第21回情報ネットワーク研究賞受賞)

    83. 友宗 実紀, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``標的問題を用いた端末の省電力化と通信到達性の向上を目指す端末の通信半径設計法,'' 2014年電子情報通信学会総合大会, B-7-27, 新潟大学.

    84. 濱本 亮, 高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``マルチレート無線LAN 環境における端末の分布を考慮したアクセスポイントの高速スループット予測法,'' 2014年電子情報通信学会総合大会, B-7-35, 新潟大学.

    85. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, 山田 幸太郎, ``結合振動子の同期現象に基づく無線LANのメディアアクセス制御,'' 2014年電子情報通信学会総合大会, BS-6-2, 新潟大学.

    86. 劉 永超, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``結合振動子に基づく送信レート制御技術におけるカオスを利用した分散制御法の検討,'' 2014年電子情報通信学会総合大会, BS-6-3, 新潟大学.

    87. 高木 健志, 高野 知佐, 会田 雅樹, 成瀬 誠, ``ホイヘンスの原理に基づく自律分散構造形成技術における生成クラスタ数の制御技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2013-114, vol. 113, no. 363 pp. 89-94, 2013年12月20日 (広島市立大学).

    88. 高橋 友里, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``カオスを利用したレート制御方式のシミュレーション評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2013-113, vol. 113, no. 363 pp. 83-88, 2013年12月20日 (広島市立大学).

    89. 濱本 亮, 村瀬 勉, 高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``ユーザとアクセスポイントが協調移動するアクセスポイント選択方式の特性評価," 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報, IN2013-72, vol. 113, no. 206, pp. 73-78, 2013年9月13日 (東北大学).

    90. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``標的問題に基づくマルチレート無線 LAN 環境のアクセスポイントにおける高速スループット予測法の検討," 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報, IN2013-51, vol. 113, no. 140, pp. 89-94, 2013年7月19日 (北海道大学).

    91. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``近接作用に基づいた自律分散クラスタリングにおける消費電力量とデータ転送効率の評価,'' 電子情報通信学会 第5回 情報ネットワーク科学研究会, 2013年5月24日 (首都大学東京秋葉原キャンパス).

    92. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``アドホックネットワークにおける標的問題を利用したジオキャスト通信の省電力化方式に関する検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2013-12, vol. 113, no. 36, pp. 1-6, 2013年5月16日 (機械振興会館).

    93. 臼井 健, 地引 昌弘, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, 西永 望, ``自律分散セッションステートマイグレーションによる需要変動に応じたサーバ制御の検討,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 信学技報 IA2012-98, vol. 112, no. 489, pp. 133-138, 2013年3月14日 (奈良市・東大寺総合文化センター).
      (平成24年度インターネットアーキテクチャ研究賞受賞)

    94. 蛯名 俊之介, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオスを利用した送信レート制御における隣接条件及びパラメタ設計,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2012-199, vol. 112, no. 464, pp. 269-274, 2013年3月8日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    95. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``消費電力とデータ転送効率に基づく自律分散的に構成したクラスタの評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2012-179, vol. 112, no. 464, pp. 149-154, 2013年3月8日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    96. 高橋 友里, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``カオスを利用した送信レート制御における流体近似を用いたスループット特性評価,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2012-194, vol. 112, no. 463, pp. 169-174, 2013年3月7日 (沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    97. 増田健太, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``トポロジの大幅な変更を伴うMANET環境における自律的に形成されたクラスタ構造のロバスト性,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2012-144, vol. 112, no. 393, pp. 33-38, 2013年1月25日 (鹿児島県産業会館).

    98. 石田 賢治, 小畑 博靖, 高野 知佐, 舟阪 淳一, ``高速衛星回線を用いたコンピュータ間通信," 電子情報通信学会 第4回情報ネットワーク科学研究会, 52page, December 2012.

    99. 濱本 亮, 村瀬 勉,高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``ユーザおよびアクセスポイントの移動を考慮した移動協力型アクセスポイント選択方式,'' 信学技報 IN2012-130, vol.112, no.352, pp.51-56, Dec. 2012.

    100. 濱本 亮, 村瀬 勉,高野 知佐, 小畑 博靖, 石田 賢治, ``モバイルAP協力型AP選択法の特性解析,'' WLAN-QoSワークショップ(ポスター発表) Oct. 2012.

    101. 高橋 友里, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``送信レート制御におけるカオスを用いた階層構造について,'' 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-55, 富山大学.

    102. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``自律分散的なクラスタ構成法における漸近安定性保証技術の MANET 環境への適用,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2012-45, vol. 112, no. 134, pp. 73-78, 2012年7月20日 (北海道大学).

    103. 高木 健志, 会田 雅樹, 高野 知佐, 成瀬 誠, ``Huygens の原理とくりこみ変換に基づく新しい自律分散的構造形成技術の提案,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技報 CQ2012-2, vol. 112, no. 10, pp. 7-12, 2012年4月19日 (石垣島・官公労八重山会館).

    104. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``自律分散構造形成技術に基づくクラスタの電力消費量特性,'' 2012年電子情報通信学会総合大会, B-20-32, 岡山大学.

    105. 高橋 友里, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオス的性質を利用した送信レート制御技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2011-169, vol. 111, no. 469, pp. 193-198, 2012年3月9日 (宮崎シーガイア).

    106. 増田 健太, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散的に形成したクラスタ構造の動的環境への適応性評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2011-148, vol. 111, no. 469, pp. 67-72, 2012年3月8日 (宮崎シーガイア).

    107. 濱本 亮, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``自律分散的に形成されるクラスタ構造に対する漸近安定性保証技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2011-117, vol. 111, no. 346, pp. 61-66, 2011年12月16日 (広島市立大学).
      (第18回情報ネットワーク研究賞受賞)

    108. 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, 小畑 博靖, ``超高速衛星回線を有効利用する基盤技術の研究開発,'' ICTイノベーションフォーラム2011, pp.54-55, October 2011.

    109. 高木 健志, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``逆拡散ポテンシャルを用いた自律分散的構造形成技術によるクラスタリング形成の収束速度,'' 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-50, 北海道大学.

    110. 高山 裕紀, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散的構造形成技術を用いたアドホックネットワークのクラスタリング,'' 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-48, 北海道大学.

    111. 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオス的性質を利用した送信レート制御技術,'' 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-47, 北海道大学.

    112. 会田 雅樹, 渡部 康平, 高山 裕紀, 高野 知佐, ``動作時間スケールによる階層アーキテクチャの構成に向けた準静的アプローチのくりこみ群的シナリオ,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2011-36, vol. 111, no. 80, pp. 43-48, 2011年6月16日 (愛知県立大学).

    113. 住 達郎, 高野 知佐, 会田 雅樹, 石田 賢治, ``拡散方程式に基づく自律分散的輻輳制御技術の実証実験,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2011-35, vol. 111, no. 80, pp. 37-42, 2011年6月16日 (愛知県立大学).

    114. 会田 雅樹, 作元 雄輔, 長谷川 亨, 長谷川 輝之, 久保 健, 高野 知佐, ``システムの大域的振舞いを生み出すための局所相互作用に基づく自律分散ネットワーク設計法,'' 電子情報通信学会 新世代ネットワーク研究会 (新世代ネットワーク Final ワークショップ), NwGN2011-4, 2011年4月26日 (情報通信研究機構(NiCT)).

    115. 別所 正昭, 小畑 博靖, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, ``高速衛星回線のためのTCPプロキシ機構TCP-gSTARの実験的評価,'' 2011年電子情報通信学会総合大会, B-7-42, 2011年3月(東京都市大学).

    116. 小畑 博靖, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, 別所 正昭, ``超高速インターネット衛星WINDSおよび大型地球局を利用したTCP輻輳制御の実験的評価,'' 2011年電子情報通信学会総合大会, B-7-43, 2011年3月(東京都市大学).

    117. 小畑 博靖, 別所 正昭, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, ``高速衛星回線に適したTCPプロキシ機構TCP-gSTARの実験的評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010-203, 2011年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    118. 高木 健志, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散的クラスター構成技術の収束速度に関する検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010-165, vol. 110, no. 449, pp. 127-132, 2011年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    119. 高山 裕紀, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``アドホックネットワークにおける自律分散クラスタリング技術の適用可能性の検証,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010-166, vol. 110, no. 449, pp. pp.133-138, 2011年3月3日 (沖縄コンベンションセンター).

    120. 住 達郎, 高野 知佐, 石田 賢治, ``近接作用を指導原理とした自律分散フロー制御方式の実装と検証,'' 第12回IEEE広島支部学生シンポジウム, 2010年11月6-7日 (島根大学).

    121. 高野 知佐, 会田 雅樹, 小頭 秀行, 中村 元, ``[招待論文] 通信サービスの背後にある社会ネットワーク構造を解明するための自己無撞着アプローチ,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010-68, vol. 110, no. 224, pp. 19-24, 2010年10月14日 (名古屋工業大学).
      (招待講演)

    122. 高野 知佐, 会田 雅樹, 村田 正幸, 今瀬 真, ``逆拡散ポテンシャルを用いた自律分散クラスタリング技術の2次元格子状ネットワークへの適用,'' 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-67, 2010年9月(大阪府立大学).

    123. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``任意のネットワークトポロジに適用可能な自律分散的構造形成技術の検討,'' 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-66, 2010年9月(大阪府立大学).

    124. 高野 知佐, 会田 雅樹, 村田 正幸, 今瀬 真, ``近接作用に基づく自律分散的構造形成技術の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010-49, vol. 110, no. 191, pp. 31-36, 2010年9月2日 (東北大学).

    125. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``近接作用に学ぶ自律分散ネットワーク制御技術の原理と任意のネットワークトポロジへの適用法,'' 第 30 回アシュアランスシステム研究会, pp. 7-15, 2010年7月(首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス).

    126. 爲廣 和也, 小畑 博靖, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, ``超高速インターネット衛星WINDSにおける複数フローを考慮したTCP輻輳制御方式の評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2010, 2010年7月(北海道大学クラーク会館).

    127. 小畑 博靖, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, 爲廣 和也, ``超高速インターネット衛星WINDSを利用したTCP-STARのスループット性能評価,'' 2010年電子情報通信学会総合大会, B-7-21, 2010年3月(東北大学).

    128. 高野 知佐, 会田 雅樹, 村田 正幸, 今瀬 真, ``アドホックネットワークの自律分散クラスタリング法の検討,'' 2010年電子情報通信学会総合大会, B-7-16, 2010年3月(東北大学).

    129. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``逆拡散ポテンシャルによる自律分散的構造形成技術の検討,'' 2010年電子情報通信学会総合大会, B-7-15, 2010年3月(東北大学).

    130. 高野 知佐, 会田 雅樹, 村田 正幸, 今瀬 真, ``逆拡散ポテンシャルを用いたアドホックネットワークの自律分散クラスタリング,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2009-194, vol. 109, no. 449, pp. 301-306, 2010年3月(宮崎シーガイア).

    131. 石田 賢治, 小畑 博靖, 高野 知佐, 舟阪 淳一, 爲廣 和也, ``WINDSを用いたTCP-STARのスループット性能の評価,'' 専門家会合/第5回WINDS利用実験実施協議会会合, pp. 11, 2010年2月.

    132. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``近接作用に基づいた自律分散制御によるad hoc networkクラスタリング方式の提案,'' 電子情報通信学会 新世代ネットワーク研究会, NwGN2009-40, 2010年1月(アクトシティ浜松). (4.7MB)

    133. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``近接作用の原理に基づく自律分散ネットワーク制御の枠組みとその応用,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第 216 回待ち行列研究部会, 2009年11月(東京工業大学).

    134. 仲島 智, 石田 賢治, 高野 知佐, 舟阪 淳一, 小畑 博靖, ``BitTorrentネットワークにおけるファイル拡散速度の制御,'' 電気・情報関連学会中国支部第60回連合大会, pp. 220-221, 2009年10月.

    135. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``くりこみ変換を利用した新しい自律分散制御の考察,'' 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-12-2, 2009年9月(新潟大学).

    136. 高野 知佐, 石田 賢治, 会田 雅樹, ``アドホックネットワークにおける自律分散フロー制御の適用可能性,'' 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-7-6, 2009年9月(新潟大学).

    137. 刈谷 博和, 岩崎 和, 高野知佐, 会田 雅樹, ``拡散型フロー制御における公平なフロー間帯域割当法の提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2009-31, vol. 109, no. 119, pp. 37-42, 2009年7月(北海道大学).

    138. 会田 雅樹, 高野 知佐, 本間 裕大, 小頭 秀行, 中村 元, ``通信サービス種別に依らないユーザ間通信頻度モデル,'' 2009年電子情報通信学会総合大会, B-7-13, 2009年3月(愛媛大学).

    139. 会田 雅樹, 高野 知佐, 本間 裕大, 小頭 秀行, 中村 元, ``特定の通信サービスに依らない統一的なユーザ間通信頻度モデル,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2008-217, 2009年3月(沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    140. 平野 達矩, 上嶋 聖人, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``社会ネットワークの特性を利用した通信サービス普及戦略の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2008-135, 2009年3月(沖縄残波岬ロイヤルホテル).

    141. 高野 知佐, ``[特別講演]近接作用の原理に基づく自律分散ネットワーク制御,'' 2008年システムデザインフォーラム, 2008年12月(秋葉原ダイビル).
      (特別講演)

    142. 平野 達矩, 上嶋 聖人, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``社会ネットワークに基づく通信サービス普及戦略の検討,'' 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-7-6, 2008年9月(明治大学).

    143. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``無線環境への適用に向けた自律分散フロー制御方式の拡張,'' 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-7-3, 2008年9月(明治大学).

    144. 岩崎 和, 本間 裕大, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``拡散型フロー制御の局所動作規則と大域的振舞いの関係,'' 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-7-2, 2008年9月(明治大学).

    145. 会田雅樹, 小頭 秀行, 中村 元, 高野 知佐, ``情報ネットワークサービスのデータを利用した社会ネットワークの次数分布の分析と検証,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2008-59, 2008年9月(東北大学).

    146. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``リンク長と独立した制御タイミングをもつ自律分散制御方式の提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2008-55, 2008年9月(東北大学).

    147. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行のある IP 電話システムの安定運用を目的とした準静的アプローチによるシステム安定性評価技術の提案 (II),'' 2008年電子情報通信学会総合大会, BS-4-2, 2008年3月(北九州学術研究都市).

    148. 高野 知佐, 会田 雅樹, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行のある IP 電話システムの安定運用を目的とした準静的アプローチによるシステム安定性評価技術の提案 (I),'' 2008年電子情報通信学会総合大会, BS-4-1, 2008年3月(北九州学術研究都市).

    149. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行トラヒックを含む IP 電話システムを安定運用するための準静的なシステム状態分析手法の提案,'' 日本オペレーションズリサーチ学会 2007年度待ち行列シンポジウム 「確率モデルとその応用」, 2008年1月(京都ガーデンパレス).

    150. 上嶋 聖人, 佐々木 徹, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク利用頻度の共振周波数を用いたユーザ間通信モデルの提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2007-100, 2007年12月(広島市立大学).

    151. 会田 雅樹, 佐々木 徹, 上嶋 聖人, 高野 知佐, ``コンピュータウィルスの感染過程から見た社会ネットワークのリンク構造,'' 2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-6-2, 2007年9月(鳥取大学).

    152. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行を含む IP 電話システムを安定運用するためのシステム状態分析に対する準静的アプローチの提案,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2007-5, 2007年4月(徳島大学).

    153. 山内 正志, 高野 知佐, 杉山 慶太, 会田 雅樹, ``複数フローに対する拡散型フロー制御方式の実装技術に関する検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2006-224, 2007年3月(沖縄コンベンションセンター).

    154. 杉山 慶太, 高野 知佐, 会田 雅樹, `リンク伝搬遅延が不均一なネットワークに対する拡散型フロー制御のパラメータ設計法の妥当性検証,'' 2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-51, 2006年9月(金沢大学).

    155. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村田 正幸, 今瀬 真, ``再試行を含む入力に対するコネクション処理が制御プレーンの安定性に与える影響: Hard-State 及び Soft-State プロトコルの比較,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2006-52, 2006年9月(東北大学).

    156. 佐々木 徹, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``コンピュータウィルスに対して無防備なユーザ数に関する考察,'' 2006年電子情報通信学会総合大会, B-7-117, 2006年3月(国士舘大学).

    157. 杉山 慶太, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``拡散型フロー制御のパラメータ設計法,'' 2006年電子情報通信学会総合大会, B-7-61, 2006年3月(国士舘大学).

    158. 会田 雅樹, 杉山 慶太, 高野 知佐, ``拡散型フロー制御のパラメータ設計法,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2005-200, 2006年3月(沖縄県・リザンシーパークホテル谷茶ベイ).

    159. 会田 雅樹, 佐々木 徹, 高野 知佐, ``コンピュータウィルスに対して無防備なユーザ数に関する考察,'' 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, 信学技報 TM2005-41, 2005年11月(松江市くにびきメッセ).

    160. 村中 かほり, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``拡散型フロー制御方式と TCP の両立性の検討,'' 2005年電子情報通信学会総合大会, B-7-52, 2005年3月(大阪大学).

    161. 会田 雅樹, 石橋 圭介, 高野 知佐, 巳波 弘佳, 村中 かほり, 三浦 章, ``通信トラヒック分析による人間関係トポロジのクラスタ構造,'' 2005年電子情報通信学会総合大会, B-7-34, 2005年3月(大阪大学).

    162. 会田 雅樹, 石橋 圭介, 高野 知佐, 巳波 弘佳, 村中 かほり, 三浦 章, ``通信トラヒック分析による人間関係のトポロジ構造とクラスタ構造に関する考察,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2004-244, 2005年3月(沖縄県読谷村・残波岬ロイヤルホテル).

    163. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Chisa Takano and Hiroyoshi Miwa, ``Using data on communications traffic in a new approach to analyzing large-scale social networks and user-dynamics,'' 2004年信学会ソサイエティ大会, BS-9-14, 2004年9月(徳島大学).

    164. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村中 かほり, ``空き帯域の有効利用を考慮した拡散型フロー制御方式,'' 電子情報通信学会 第12回アシュアランスシステム研究会, 2004年7月(早稲田大学本庄キャンパス).

    165. 会田 雅樹, 石橋 圭介, 高野 知佐, 巳波 弘佳, ``通信トラヒックのマクロ分析による人間関係の構造とユーザ挙動の検討,'' 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, 信学技報 TM2004-35, 2004年7月(釧路工業技術センター).

    166. 高野 知佐, 村中 かほり, 会田 雅樹, ``空き帯域の有効利用を考慮した拡散型フロー制御方式,'' 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, TM2004-33, 2004年7月(釧路工業技術センター).

    167. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村中 かほり, ``複数フローに対する拡散型フロー制御方式,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, IN2004-12, 2004年6月(富山県総合福祉会館).

    168. 会田 雅樹, 高野 知佐, 村中 かほり, ``複数フローに対する拡散型フロー制御方式,'' 情報処理学会 システム評価研究会, 2004-EVA-9 (3), 2004年6月(東京農工大学).

    169. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``[招待論文] 拡散型自律分散フロー制御の原理と狙いについて 〜ミクロの動作ルールによるマクロ状態の間接制御機構の実現に向けて〜,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, IN2003-141, 2003年12月(広島市立大学).

    170. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``拡散型フロー制御とウィンドウフロー制御の特性比較と両立性の検討,'' 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, 信学技報 TM2003-53, 2003年11月(九州東海大学熊本校舎).

    171. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``拡散型フロー制御のネットワーク境界におけるレート決定法の検討,'' 電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究会, 信学技報 TM2003-52, 2003年11月(九州東海大学熊本校舎).

    172. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``Open ネットワークに対する拡散型自律分散フロー制御適用法の検討,'' 電子情報通信学会 第10回アシュアランスシステム研究会, 2003年11月(NTT 武蔵野 R&D センタ).

    173. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``Open ネットワークに対する拡散型自律分散フロー制御適用法の検討,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 NS2003-136, 2003年10月(北見工業大学).

    174. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``Open ネットワークに対する拡散型自律分散フロー制御適用法,'' 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-14, 2003年9月(新潟大学).

    175. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``拡散型自律分散フロー制御の原理と狙い,'' 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-13, 2003年9月(新潟大学).

    176. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``情報伝播の高速性に挑む自律分散型ネットワーク制御技術について,'' 日本オペレーションズリサーチ学会 平成15年度第2回KSMAP研究会, 2003年7月(京都大学).

    177. 会田 雅樹, 高野 知佐, 栗林 伸一, ``リンク伝播遅延が不均一なネットワークに対する自律分散フロー制御の適用法の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2003-6, 2003年5月(機械振興会館).
      (第10回情報ネットワーク研究賞受賞論文)

    178. 高野 知佐, 会田 雅樹, 栗林 伸一, ``非対称ネットワークにおける自律分散フロー制御の安定性,'' 2003年電子情報通信学会総合大会, B-7-21, 2003年3月(東北大学).

    179. 会田 雅樹, 高野 知佐, 栗林 伸一, ``リンク伝播遅延が不均一なネットワークに対する自律分散フロー制御の適用法の検討,'' 電子情報通信学会 第8回アシュアランスシステム研究会, 2003年2月(広島市立大学).

    180. 高野 知佐, 会田 雅樹, 栗林 伸一, ``高速ネットワークにおける自律分散フロー制御の安定性と適応性の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2002-181, 2003年1月(広島市立大学).

    181. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散フロー制御のネットワーク状態適応性の検討,'' 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-10, 2002年9月(宮崎大学).
      (平成14年度電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文)

    182. 高野 知佐, 会田 雅樹, ``高速ネットワークにおける自律分散フロー制御の安定性の検討,'' 2002年電子情報通信学会総合大会, SB-4-4, 2002年3月(早稲田大学理工学部).
      (平成14年度電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文)

    183. 高野 知佐, 川島 幸之助, 斎藤 和義, 日高 裕敏, 品川 準輝, ``ユーザの移動特性を考慮したマルチメディアトラヒックモデルの提案と特性分析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, 信学技報 IN2001-154, 2002年1月(宮崎大学).

    184. 会田 雅樹, 高野 知佐, ``高速ネットワークにおける自律分散フロー制御の安定性について,'' 電子情報通信学会 第4回アシュアランスシステム研究会, 2001年11月(機械振興会館).

    185. 高野 知佐, 会田 雅樹, 日高 裕敏, 品川 準輝, 小林 岳彦, ``移動通信におけるユーザ密度依存移動モデル,'' 情報処理学会 モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会, 2001年5月(情報処理学会会議室).

    186. 高野 知佐, 会田 雅樹, 日高 裕敏, 品川 準輝, 小林 岳彦, ``待ち行列モデルを利用した密度依存ユーザ移動モデル,'' 2001年電子情報通信学会総合大会, B-7-49, 2001年3月(立命館大学).

    187. 松田 崇弘, 高野 知佐, 池田 博昌, ``トラヒックの自己相似性を用いたATMセル多重化方式,'' 電子情報通信学会 交換システム研究会, 信学技報 SSE2000-32, 2000年5月(岩手県立大学).

    本ページトップへ

    特許
    1. 濱本 亮, 小畑 博靖, 高野 知佐, 石田 賢治, ``無線通信装置及び無線通信方法,'' 特願2015-227343, Nov. 2015.

    2. 小畑 博靖, 濱本 亮, 高野 知佐, 石田 賢治, ``通信システム及び通信方法,'' 特願2014-029848, Feb. 2014.

    本ページトップへ

    外部資金関係
    1. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 分担, ``現象数理学に基づく無線LAN通信品質のモデル化技術,'' 2019年-2021年.

    2. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 代表, `` 大規模社会ネットワーク分析におけるリンクの疎構造を利用した多項式時間解法の開発,'' 2018年-2020年.

    3. 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 分担, `` ネット炎上などソーシャルメディアで発生する破壊的ダイナミクスのモデル化と対策技術,'' 2017年-2019年.

    4. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 分担, `` 新たな離散構造を用いたアシュアランスネットワーク制御技術,'' 2017年-2019年.

    5. 電気通信普及財団助成, 代表, `` ノード中心性の拡張概念を利用した効率的転送を実現するオーバーレイネットワーク設計・制御技術,'' 2017年.

    6. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 代表, `` スペクトル分析と射影追跡法を融合した大規模ユーザネットワークの視覚的分析技術,'' 2015年-2017年.

    7. 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 分担, ``情報ネットワークを媒介して共鳴するユーザの集団挙動の理解と対策,'' 2014年-2016年.

    8. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 分担, ``無線LANネットワークにおける改造端末の検出と制御を統一的に行う通信品質制御技術,'' 2014年-2016年.

    9. 戦略的情報通信研究開発推進制度 (SCOPE), ICTイノベーション創出型研究開発, 分担, ``アシュアランスネットワーク設計原理に基づいた平常時災害時両用システムの研究開発,'' 2014年.

    10. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 分担, ``想定外への対処を目指すアシュアランスネットワーク技術の研究,'' 2012年-2014年.

    11. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 代表, ``大規模災害に対するレジリエンスを強化するためのネットワーク機能自律回復技術,'' 2012年-2014年.

    12. 独立行政法人情報通信研究機構 (NICT), 共同研究, 分担, ``自律的再構成によるロバストなネットワーク構築に関する研究,'' 2011年-2012年.

    13. 独立行政法人情報通信研究機構 (NICT), 委託研究, 代表, ``近接作用に基づく自律分散ネットワーク制御,'' 2011年-2012年.

    14. 独立行政法人情報通信研究機構 (NICT), 国際共同研究助成金, 分担 2011年.

    15. 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 分担, ``時間スケールの階層構造を用いた情報システムの制御アーキテクチャ,'' 2009年-2011年.

    16. 独立行政法人情報通信研究機構 (NICT), 委託研究, 分担 ``新世代ネットワーク技術戦略の実現に向けた萌芽的研究 (システムの大域的振舞いを生み出すための局所相互作用に 基づく自律分散ネットワーク設計法),'' 2010年.

    17. 科学研究費補助金, 若手研究(B), 代表, ``近接作用の原理に基づくモバイルアドホックネットワークの自律分散制御技術,'' 2009年-2011年.

    18. 戦略的情報通信研究開発推進制度 (SCOPE), 地域 ICT 振興型研究開発, 分担, ``超高速衛星回線を有効利用する基盤技術の研究開発,'' 2009年-2010年.

    19. 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 分担, ``ネットワーク上への流失情報に対する対策技術に関する研究,'' 2007年-2009年
    本ページトップへ

    受賞歴
    本ページトップへ

    Back to Top Page

    1